赤羽線・埼京線経由の乗車券

十条発、北赤羽行きの片道乗車券です。
経由の印字は「赤羽線・埼京」となっています。

マルスシステムにおいては、経由欄は一般に知られている運転系統の名称ではなく、基本的に正式な路線名が印字されます。
JR京都線神戸線は「東海道・山陽」、湘南新宿ラインは「高崎線・東北・東海道」のようになります。

赤羽線とは、埼京線の電車が走る路線のうち池袋〜赤羽間が該当します。実際の案内上は「埼京線」で統一されており、大型時刻表や信号機の表示など「赤羽線」を目にする機会はごく限られています。

一方で線路名称上、赤羽〜大宮間は南浦和・浦和経由、武蔵浦和・北与野経由のどちらも東北本線です。
マルスシステム上は経路を確定するためにこれらを区別する必要があります。
前者が「東北本線」、後者が「東北本線4」としており、券面への印字はそれぞれ「東北」、「埼京」となっています。

この理由のため、経由欄に正式路線名である「赤羽線」と、運転系統の「埼京」が混在する乗車券となっています。
正式路線名と愛称が印字される例は他に思いつきません。マルスシステム上ここだけなのではないでしょうか。