僕のゲートウェイ

高輪ゲートウェイから高輪ゲートウェイへの片道乗車券です。

120mmのマルス券で発券されました。

f:id:dkwsutn:20210214221825j:image

 

経由の印字は「東海・京葉・総武・東北・中央東・東海」とあります。

多数の省略があるためわかりにくいですが、この乗車券の経路は高輪ゲートウェイ(東海道本線)東京(京葉線)市川塩浜(京葉線[高谷支線])西船橋(総武本線)錦糸町(総武本線[御茶ノ水支線])秋葉原(東北本線[尾久経由])赤羽(東北本線[王子経由])田端(山手線)品川(東海道本線)高輪ゲートウェイです。

 

京葉線が高谷支線なのか二俣支線なのか判断がつきませんし、一見関係なさそうな中央東が出てきたりと分かりやすさとは対極にありそうな印字です。

ただし、通常の旅客はこのような区間を要求したりしませんので問題とはならないでしょう。

 

営業キロは88.2km、運賃は1450円で当日限り有効となります。

なお、大都市近郊区間内相互となりますので、発売には補正禁止の指定が必要です。

 

 

同じく、高輪ゲートウェイから高輪ゲートウェイへの片道乗車券です。

こちらは85mm券で発券されました。

f:id:dkwsutn:20210214221759j:image

 

経由の印字は同じく「東海・京葉・総武・東北・中央東・東海」、運賃も同じく1450円です。

ただし、C符号が異なるため要求した区間は異なることが分かります。どのような区間か推理してみてください。

三日月駅常備乗車券

三日月から大阪・新大阪への片道乗車券です。

 

f:id:dkwsutn:20200824231257j:plain

 

経由は「御着」のみと大胆に省略されていますが、運賃計算経路は三日月(姫新線)姫路(山陽本線)神戸(東海道本線)大阪です。

大阪・三日月間は営業キロ125.4km(運賃計算キロ128.2km)で姫路駅を経由し、姫路以遠の駅を着駅としているため、西日本旅客鉄道株式会社 旅客営業規則(以下、旅客規則)第88条の規定により大阪を基準として運賃を計算し、同第187条第6号の規定により券面は「大阪・新大阪」となります。

運賃は2270円(消費税率8%の運賃、現行2310円)で、大都市近郊区間内相互でないため2日間有効、途中下車可能です。

 

三日月駅無人駅ですが、かつては駅前の自転車預かり所で常備乗車券の発売を行っていました。大阪・新大阪はそのうちの1枚です。なお、2019年9月30日で受託契約は解除となりました。現在ではこの乗車券は発売していません。

 

この乗車券は大阪で途中下車しています。

大阪・新大阪の規定は、考え方としては東京山手線内・特定都区市内と同じではありますが、なぜか途中下車については規定はありません。

このときは最終的な下車駅が新大阪なのであれば、ということで途中下車が認められましたが、特定都区市内などと同様に大阪と新大阪で一つの駅とみなすのであれば、大阪で下車した時点で旅行終了と考えるのが自然です。

なぜ大阪駅での途中下車が認められたのかは、今もわかりません。多分誤扱いでしょう。

 

新大阪駅又は大阪駅発又は着となる片道普通旅客運賃の計算方)

第88条 新大阪駅又は大阪駅と姫路駅以遠(英賀保京口又は播磨高岡方面)の各駅との相互間の片道普通旅客運賃は、姫路駅を経由する場合に限り、大阪駅を起点又は終点とした営業キロ又は運賃計算キロによって計算する。

 

(乗車券類の駅名等の表示方)

第187条 乗車券類の駅名及び旅客運賃・料金の表示方は、次のとおりとする。

(1)〜(5)略

(6)第88条の規定により旅客運賃を計算する場合の乗車券の駅名の表示方は、「新大阪・大阪から」、「大阪・新大阪ゆき」の例により表示する。

(以下略)

 

 

 

 

新幹線経由の普通回数乗車券

天神川⇔東広島の普通回数乗車券です。

広島・東広島間で山陽新幹線を経由します。

 

f:id:dkwsutn:20200816204441j:plain



普通回数乗車券は片道として発売できる区間で200kmまで(駅長の承認により300kmまで)の区間について発売されます。なお、BRT区間発着の場合は別の定め(西日本旅客鉄道株式会社 旅客営業規則(以下、旅客規則)第17条)があります。

なおに旅客規則においては、北千住〜綾瀬間(第16条の5、東京メトロが発売)と新下関〜博多間の山陽新幹線を含む区間(第39条第1項)の普通回数乗車券は発売できません。

 

上記の条件に反さない限りは新幹線経由であっても発売できるはずなのですが、どういうわけか新幹線経由または発着となる区間は新幹線は新幹線回数券※があるから、回数券は在来線専用だから、等々理由をつけて発売できないと断られることが多いようです。

※広島〜東広島間の新幹線回数券は自由席のみ、現行の発売額は6枚綴り8400円(1枚あたり1400円)です。

 

マルスシステム上は在来線の回数乗車券と同様に区間と経由を指定することで発売は可能です。券面の印字の通り新幹線の自動改札機も対応しています。

券種別の印字は「普通回数券(幹)」です。

 

天神川〜東広島間は営業キロ34.1km 運賃580円(消費税率8%当時の運賃)ですので、普通回数券は5800円です。

 

常磐線北千住・綾瀬間相互発着となる旅客の取扱い)

第16条の5 常磐線北千住・綾瀬間相互発着となる旅客に対しては、乗車券類の発売を行わないものとする。

 

気仙沼線BRT柳津・気仙沼間及び大船渡線BRT気仙沼・盛間の特殊取扱)

第17条 気仙沼線BRT柳津・気仙沼間及び大船渡線BRT気仙沼・盛間の一部又は全部の区間を乗車する旅客の取扱い等については、別に定める。

 

(普通回数乗車券の発売)

第39条 旅客が片道200キロメートル以内の区間の各駅相互間(ただし、山陽本線(新幹線)中新下関・小倉間及び鹿児島本線(新幹線)中小倉・博多間にかかわるものを除く。)を乗車する場合は、当該区間に有効な11券片の普通回数乗車券を発売する。

(以下略)

 

 

 

2019年3月16日 大月→甲府 自由席特急券(POS端末券)

3月16日から有効の大月→甲府の自由席特急券です。

 

f:id:dkwsutn:20200815222241j:plain

 

営業キロ46.3kmですので特急料金は510円(消費税率8%当時。以下同)です。

特に変わったところはないように見えますが、JR東日本は2019年3月16日のダイヤ改正から中央本線特急列車(東京〜松本間、しなの号を除く)を全席指定としたため、同日以降は特急列車に自由席が連結されなくなりました。

マルスシステム上は誤発売を防止する観点から3月16日以降は東京〜塩尻間において自由席特急券が発売できなくなっていますが、この特急券は誤発売というわけではなく、始発駅3月15日出発のかいじ123号を大月駅(3月16日0:01発)以遠から利用するケースに限り、引き続き自由席特急券が発売可能となっていました。

 

マルスシステムでは発券できないため料金専用補充券での発売となっていましたが、POS端末では発売制限はなく、通常の操作で発売可能でした。JR東日本のPOS端末でも発売可能であったようです。

なお、マルスシステムにおいても金額入力の基準額-自由席券発売操作では発券は可能でした。120mm券となります。まず扱われないとは思いますが。。。

 

 

区間の乗車券です。

 

f:id:dkwsutn:20200815222527j:plain

 

山陽本線寺家駅業務委託駅である関係上、会社線への連絡乗車券は発売できませんが、JR線完結であれば遠く離れた他社完結のものでも発売できるようです。

 

往復乗車券の区間変更後の有効日数(旅客規則第246条)

旅行開始後の普通乗車券は区間変更が可能です。

往復割引乗車券を除き往復乗車券でも変更は可能で、変更の結果往復利用とならないような変更も可能です。

 

あき亀山→三滝の区間変更券です。

 

f:id:dkwsutn:20200814000314j:plain

 

大町〜あき亀山の往復乗車券のかえり券であるあき亀山→大町を三滝まで変更しました。原券片道210円(消費税率8%時点。以下全て同じ)、変更区間240円の差額の30円を収受して変更となりました。

原券の有効日数は往復乗車券で2日ですが、区間変更券の有効日数は「当日限り」となっています。

 西日本旅客鉄道株式会社 旅客営業規則(以下、旅客規則)第246条第1項では、変更後の有効日数は原券の有効日数から経過日数(変更の当日は含まない)を差し引いた残余の日数としています。

この場合は原券2日、経過日数0日ですので「2日間有効」となるはずですが、そうなっていません。車内補充券発行機ではそのような有効日数を計算出来ないのかもしれません。

ただし、変更前・変更後とも下車前途無効ですので特に問題はないともいえます。

 

 

車内補充券発行機は非対応にみえますが、ではマルス端末はどうでしょうか。

横川から東広島への区間変更券です。

 

f:id:dkwsutn:20200814000238j:plain

 

この区間変更券は、横川〜海田市の往復乗車券のゆき券を原券に、広島駅で着駅を東広島へ変更したものです。原券片道200円と、変更区間の580円の差額の380円を収受しました。

広島駅のみどりの券売機で変更したものですが、原券の有効日数2日に対して区間変更券の有効日数はここでも「当日限り」です。

マルス端末も往復乗車券の原券有効日数を引き継いだ区間変更券の発行には対応していないようです。

 

 

 

では、旅客規則第246条の規定を反映した区間変更券は発券されないのかというと、そんなことはありません。ただし、改札補充券での変更となります。 

 

枇杷島から古虎渓への区間変更券です。

 

f:id:dkwsutn:20200814000225j:plain

 

この区間変更券は枇杷島〜笠寺の往復乗車券(480円)のゆき券を原券に、着駅を古虎渓に変更したものです。変更は途中駅の改札で申し出ました。

原券片道240円と、変更区間670円の差額の430円を収受して変更となります。

有効日数は「2日間有効」とあります。旅客規則第248条第1項の規定にそった発券です。

JR東海はこういうところは律儀ですね。。。

 

(乗車変更の取扱いをした場合の乗車券類の有効期間)

第246条 乗車変更の取扱いをした場合に交付する乗車券の有効期間は、原乗車券の有効期間から既に経過した日数(取扱いの当日は含めない。)を差し引いた残余の日数とする。ただし、乗車券類変更の取扱いをする場合は、第154条に規定する日数とする。

(以下略)

片道200kmを超える普通回数乗車券

東京都区内⇔金谷の普通回数券です。

 

f:id:dkwsutn:20200808182246j:plain

 

この回数券の運賃計算経路は東京(東海道本線)金谷です。

片道の営業キロ212.9km、運賃は3670円(消費税率8%時点。以下同)ですので普通回数乗車券の発売額は36700円です。

 

東日本旅客鉄道株式会社 旅客営業規則第39条第1項では、普通回数乗車券は片道200kmまでの区間に限ると規定しています。

 

この普通回数乗車券は前述の規定に反する発売かというとそうとも言い切れず、同条第3項では「特に必要と認める場合」では、片道300kmまでの区間でも発売するとも規定されています。

そして東日本旅客鉄道株式会社 旅客営業取扱基準規程第63条ではその条件は「駅長の判断」で行うものとされています。

 

指定席券売機は駅長の判断がされたものとして片道200kmを超える普通回数乗車券の発売も認めているのでしょうか。そうとは考えにくいです。

 

この普通回数乗車券は、指定席券売機で蒲田→金谷(営業キロ198.5km)の区間で操作した結果発券されたものです。初めから東京→金谷で操作しても発売できません。

 どうも指定席券売機は入力された区間が200kmを超えているかどうかで判定しているようで、特定都区市内適用の結果として営業キロが200kmを超えても発売不可とはしないようです。誰が操作しても購入は可能ですが、指定席券売機のチェック漏れの可能性もありそうです。

 

【旅客営業規則】

(普通回数乗車券の発売)

第39条 旅客が片道200キロメートル以内の区間の各駅相互間(ただし、山陽本線(新幹線)中新下関・小倉間及び鹿児島本線(新幹線)中小倉・博多間にかかわるものを除く。)を乗車する場合は、当該区間に有効な11券片の普通回数乗車券を発売する。

2 略

3 第1項の規定にかかわらず、当社が特に必要と認める場合は、片道200キロメートルを超え300キロメートルまでの区間に対しても普通回数乗車券を発売することがある。

 

【旅客営業取扱基準規程】

(制限距離を超える普通回数乗車券の発売の承諾)
第63条 規則第39条第3項の規定による200kmを超える普通回数乗車券の発売は、事情やむを得ないと認められる場合に限つて行い、その決定は、駅長において行うものとする。
(注) 300kmを超える普通回数乗車券は、発売しない。